やさしい箱

心と体にやさしい情報を集めています

手帳をやめて「バレットジャーナル」を始めてみる

こんにちは、かたいなかです。

2017年も秋になり、来年の手帳が店頭に並ぶ時期になりましたね。 

スマホでスケジュール管理することが当たり前になった今のご時世、わざわざ紙の手帳を使う人は減っているのでは?という予想に反し、手帳の売り上げは毎年好調なのだとか。

それを表すかのように毎年売り場にはありとあらゆるサイズ、デザイン、目的別の手帳がずらっと並びます。

かくいう私もこれまで毎年、手帳売り場に足を運んでは隅から隅まで歩き回り、自分に合う手帳を探し求めてきました。

しかし最近、それがだんだんしんどくなってきまして。

まず手帳を探し回るのが体力的に疲れる。

そしてこれだ!と選んだ手帳が思ったより使いにくくて1年間続かなかったりするとガッカリ(>_<)

お値段が高めのものだと特に、勿体ない気持ちと自分の意志の弱さに、さらに自己嫌悪に陥る…といった感じで前は楽しかったはずの手帳選びが徐々に苦痛になってしまっていたのです。

かといって基本アナログ派の私は、アプリやGoogleカレンダー等のデジタルツールだけではタスク管理が追いつかなくて…

と、にっちもさっちも行かない状態に陥ってしまいました。

 「バレットジャーナル」という言葉を知る

そんな中、ネットの検索で行き当たったのが「バレットジャーナル」という見慣れない言葉。

何でも一冊のノートで必要なあらゆる情報を一元化して管理できるノート術らしいのです。

・書きたい時に書きたいことだけ書けばいい。

・予定もタスクも日記もすべて一冊にまとめられる

・自分の使いやすいようにどんどんカスタマイズできる。

というメリットに魅かれました。これなら毎年手帳選びに悩まされることも、途中で挫折することもなくなるのではないか!?

そんな期待を込めて、今月からバレットジャーナルを始めてみました(思い立ったらいつでも好きな時に始められるのもバレットジャーナルの良い所です)。

バレットジャーナルのルール

バレットジャーナルにはいくつか基本的なルールがあります。公式サイトの動画で解説されていますので、リンクを張っておきます(音声は英語・日本語の字幕付き)。

www.youtube.com

 また、最近Marieさんという方がバレットジャーナルの解説本を発行されたことを知り、私も買って読んでみました。とても分かりやすい内容でしたし、ぜひ真似したくなるちょっとした工夫もたくさん載っていました。

公式の動画だけでは心細い…と感じた方にはぜひお勧めの一冊です(*^^*)

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

Marie ディスカヴァー・トゥエンティワン 2017-10-13
売り上げランキング : 147
by ヨメレバ
ランキングに参加中です
にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ