やさしい箱

心と体にやさしい情報を集めています

Twitterの交流に疲れたら、今日やめたっていいんだよ。

こんにちは、かたいなかです。

あなたはTwitterを使っていますか?私はもう5年以上使っています。
でも少し前にメインで使っていた交流用アカウントを辞めました。

今回は私がTwitterでの交流を辞めようと結論するに至った経緯を書いてみたいと思います。
同じような悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。

最初のうちは楽しかった

私がそのアカウントを作った目的は、主に自分が好きなある作品についてファンの方たちと語り合いたかったからです。
(詳しく書くと身バレしそうなのではっきりと書けなくてごめんなさい)
いわゆる「趣味用アカウント」ですね。

アカウントを作ってしばらくは反応も少なく寂しい状態が続きましたが、だんだんと同じ作品のファンの方が私のツイートを見てフォローしてくれるようになり、フォロワーさんも増えていきました。

私の周りにはその作品について話せる人がほとんどいなかったので、Twitter上で作品の考察をしたり好きな登場人物についてワイワイと語り合える時間はすごく楽しいものでした。

数字を人と比べるようになる

Twitterはある意味「数字の世界」だと思います。
フォロワーは何人いるか、リツイートや「いいね」はいくつ付いたのか…。
すべてが数字で評価され、かつ皆に見える状態になっており、その数字が多いほどすごい人、という雰囲気があります。

私はだんだんとファンである作品を好きだという気持ちまで数字にされているような気がしてきました。
作品を好きである気持ちは他のファンの方と変わらないはずなのに「いいね」を沢山もらえる人のほうが注目されファンとして上だ、と言われているようでした。

義理の関係に疲れる

  • あの人はいつも「いいね」してくれるから私も「いいね」を返さなくちゃ…
  • コメントもらったからすぐに返信しないと怒らせてしまうかもしれない…
  • 会話をどこで終わらせると良いか分からないから延々とリプライを返し続けてしまう…

Twitterに入り浸っているとこういう思考回路になっていく気がします(あくまで私の場合ですが)。
しかもフォロワーが増えていくとやり取りの回数は際限なく増えていきます。
そしてTwitterの場合、フォロワーさんとのやり取りはほとんどが義理です。
薄っぺらい関係に時間とエネルギーをごっそり持って行かれるのです。
だんだんと「割に合わないことをやっているなあ私」と感じるようになりました。

タイムラインに疲れる

Twitterのタイムラインには常に新しい投稿が流れてきます。それに終わりはありません。
エンドレスでいろんな方がきょうの出来事、自分の考え、時には愚痴を書き込んでいきます。
普通に生活しているだけなら遭遇するはずのない膨大な量の情報がリアルタイムで更新されていきます。
追いかけるのは大変だし、他人の感情に常に振り回されているようでとても疲れます。

でも大事な情報を見逃してしまうかもしれない…そんな不安から一日に何度もタイムラインをチェックし、そしてまた疲れるという負のループが出来上がってしまいました。
いま冷静に考えるとTwitterで見逃して困る情報なんて無きに等しいはずなのにですね。

楽しくなくなったから、辞めよう

SNS疲れ」という言葉を知り、ネットで検索して色々な方のブログを拝見しました。
そして私もSNSTwitter)疲れなんだなぁと実感するとともに、自分だけが経験することではないんだ~とすごく安心しました。

そこで当初の目的についてもう一度よく考えてみました。私、どうしてTwitter始めたんだっけ?と。
答えは「ファン同士で楽しく交流したいから」でした。
一番重要なのは楽しくの部分だったはずです。
でもいつの間にか交流することがただの義務になってしまっていました。

せっかくの趣味なのに、楽しくないことを続けて意味があるのか?

そう気付いたのでTwitterでの交流を辞めました。
今後はニュースなどの情報収集の手段としてTwitterを使うつもりです。

辞めた結果

もうね、解放感ハンパない
どこかで作品愛を語りたいという気持ちはあったので、いまは個人のサイトを作ってコッソリと運営するようになりました。
ほぼ人目につくことはありません(笑)。でも好きなことを書ける。書いていいんだという安心感。
今まで自分はこれほど人目を気にしていたのかとショックを受けました。

あとは自由時間が増えました!
グダグダとタイムラインを見て人のキラキラした日常や負の感情に触れて落ち込む…なんてことも減りました。
空いた時間は日記を書いたり読書をしたり…ひとり時間を満喫できていい感じです。

Twitter疲れを感じている方へ

Twitterは便利なツールです。それにうまく使えばとても楽しいです。
でももしかすると私のように「楽しくない」「もう疲れた」と感じる時が来るかもしれません。
その時は無理に続ける必要はありません。
鍵をかけてしばらくお休みしてもいいし、アカウントを消すことを考えてみてもいいと思います。

そしてまた再開したいと思えばアカウントを作り直すこともできます。
その時はもっとうまくTwitterと付き合えるようになっているでしょう。
私のように別のサービスへ移るという選択肢もあります。
Twitterだけにこだわる必要もないんじゃないかな、と思います。

大切なのは自分が楽しいかどうか
そういう基準で考えてみると、見えてくるものもあるのではないでしょうか。

長々と書いてしまいましたが、以上が私がTwitterを辞めた経緯と感想です。

 

 「SNS疲れ」を扱ったこちらの本がオススメです。
かわいいネコちゃん漫画で分かりやすくSNSで疲れない秘訣を学べます(#^^#)

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ